えみこ(タントラヨガ講座一年目)

暴力的な性行為に惹かれてしまう自己嫌悪から抜け出す方法はありますか?

まだ10才前後の頃、兄の部屋でポルノ雑誌を見てしまいました。描かれていたのは暴力的な性行為で、男性の性処理に女性が利用されているというものでした。でも、その中では女性側もその暴力を快楽に感じていて。「男性も女性も暴力的でなければ快感を感じられないんだ」って思ってしまった。まだ生理も来ないうちに、「性=暴力」という印象を植え付けられてしまったんです。

なのに、私はその暴力的な性行為に、強烈に惹かれていました。

私が出合った男性はみんな優しい人ばかりでしたが、私は相手との性行為にまったく満足できず、頭の中ではいつも暴力的なイメージを描いていました。
性行為のたびに自分に対する嫌悪感、汚い、嫌われて当然だみたいな気持ちに襲われていました。

こんな自分への嫌悪感から抜け出す方法はあるのでしょうか?

(Kaiho: ) ポルノは男性向けにも女性向けにも本能的な衝動に向いてるからね。
女性の中に「男性に完全に委ねたい」、「男性に完全に取られたい」、「男性のものになりたい」、「男性の信頼できる誘導に完全に委ねられるようにいたい」
という願いがある。
Blandineがこの間Kotomiの質問に答えた時、全ての願い、欲望、感情の中に純粋な、美しい核があると話していましたよね。
そういった本能的な、性的な願いにも純粋な、善良な核があるんだ。タントラから見ると、女性性はエネルギー。そしてエネルギーが調和的になるには意識が必要なんだ。
だから女性性のエネルギーは深く男性性の意識に貫かれたいという純粋な願いがあるんだ。

第2チャクラのレベルではそこに必ず異性の人が必要になるけど、今週アナハタチャクラのレッスンでは、
私達は調和的に男性性も女性性も通すことができるようになる。
だからって性を手放す必要があるというわけではないが、
私達はずっと願っていた女性性と男性性の融合には必ず相手が必要ってわけではない。
私達は常に宇宙全体と繋がっているから、神聖な男性性、神聖な女性性と直接でも繋がることができる。
そしてそのように神聖な男性性と繋がれるようになると、自分の女性性も自然にもっと美しく、神聖になり、
周りにいる男性達も自然にますます素晴らしい特徴を見せるようになる。

だから、そういった性的に暴力的なことに惹かれていることには恥ずかしく思わなくても大丈夫です ❤
それは女性の中に、純粋に男性性に委ねられたいという純粋な願いから生じているから、罪悪感も必要ない。
自分の歪んじゃった欲望、感情、希望の中にでも魂からの神聖な核があるからです 🌟❤🌟

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です