みさき(タントラヨガ講座一年目)

敬語や~さんなどの敬称について、タントラではどのように考えますか?

呼び捨てで呼び合う意味合いってありますか?タントラ的に。

日本ではだいたい大人になってから知り合った関係は敬称付けて呼ぶように思いますが、距離感を保つ役割もあるのかもしれませんが、何らかの雑味も加わっている感じがしていました。

だから、「文化的な違い」だけでは無い理由があれば、知りたいな、と思いました。

(Kaiho: ) タントラは特に敬語についての特別な教えはないけど、
タントラには最終的に大切なのはいつも愛(つながり)と意識だね。

敬語を使うことは確かに何かの距離感を伝えるね。
タントラに基づいて、自分の観点をシェアするね。
思ってみれば、ここに大切なのは、今相手と感じているエネルギー / 繋がりの形と言葉から伝わるエネルギーが一致するかどうかだね。
敬語は距離感も伝えるけど、尊重や尊敬も伝えるから、
あなたのことをちゃんと尊重しているということがちゃんと伝わってるなら、
敬語はもう使わなくても大丈夫だと思う。

日本の文化では、相手のことを尊重していることを念のために強く見せたがる文化があるから、
お互いのことを尊重していることを理解していても、敬語を使い続けることもよくあるね。
そこにある種の親切さや思いやりも込めていると思うから、悪いことではないと思うけど、
それは丁寧さ、または親しみの選択のどちらかになるんだね。

丁寧さや尊重を表すことも素晴らしいと思うけど、
意識深く言葉のエネルギーを感じてみれば、敬語を使うと、
~さんつけをすると、やっぱり何かの種の距離感もつきものだねと感じることができる。

だから、私の気持ちでは、
私は相手のことをちゃんと尊重していることがちゃんと伝わってるとわかれば、
さんづけや敬語をやめたくなることがよくある。

でもここにルールをつけるというよりは、意識で言葉のエネルギーを感じて、
自分の伝えたいエネルギーの言葉を選べばいいと思う。
誰かに敬語を使わなくても、たまに何かを敬語で言うこともチャームあると思います。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です